皆さんは2018年問題をご存知でしょうか?

2018年問題とは、「雇用形態」や「雇用期間」に関する問題が2018年に発生することを指しています。
ことの発端は、2012年の「労働契約改正法」と2015年の「労動者派遣改正法」にあります。

1.労働契約改正法(2012年) 「無期転換ルール」の導入

無期転換ルールとは労働契約法の改正により、同一の使用者(企業)との間で、有期労働契約が反復更新されて通算5年を超えたときに、労働者の申込みによって無期労働契約に転換されるルールです。 改正後5年が経過するのが2018年4月1日です。 詳細は、こちら

2.労動者派遣改正法(2015年)

派遣社員は個人単位で同一の組織単位で働けるのが3年までとなります。改正後3年が経過するのが2018年9月末となります。 詳細は、こちら

どちらも2018年に動きがあることから「2018年」問題と言われています。

大手自動車メーカーは5年を迎える前に雇止めし、6カ月のクーリング期間を設けて再雇用するというニュースもありましたが、
障害のある方の多くは、有期雇用のため各企業の動向が気になるところではあります。

私が担当している企業は全対象者を無期雇用にするとのことでした。人材不足が叫ばれるなか最善の策と思われます。
ちなみに、無期雇用=正規職員というわけではありません。あくまでも期限がなくなるだけで、その他の条件が変わるものではありません。

皆様の企業ではどのような対応となるでしょうか?一度確認してみてください。

文責:荻野直基